スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顔面神経麻痺(発症-入院1日目)

これは私個人の記録です。長文かつ読みにくい文章となります事をご了承ください。





++ 発症 3月25日(金) ++

朝起きて、いつも通り麦茶を飲んだら、左側の唇からこぼれる。
歯の治療で麻酔を打ったときの感覚に近いかな?
ただそれ以外は特に気付かなかったし、まさかそんな重大な事だなんて思いもしなかったため、ちょっと気になったけどスルー。
用事があったので、銀行とかいろいろと回ったりといつも通り過ごしました。

夕方(夜?)、ふと左目の乾燥が気になり始める。
右目は大丈夫だし、コンタクトも使用してないのに乾燥するなんて普段では考えられないから、さすがに不安になってくる。
帰宅後、鏡で自分の顔をマジマジと見ていたら・・・左目が瞬きしてない!と気付く。

なんだかワケがわからないけど、とにかくスゴイ不安になり、ネットで色々と調べることに。
そうだ!2日くらい前から味覚がなんとなくヘンになってたんだ!これも関係あり?
と思いだし、「目が閉じない」「味覚がおかしい」「唇が麻痺」等々と思いつく限りの言葉で検索した結果、出たのが「顔面神経麻痺」。
私の症状に非常に似ているので、これだ!と思い、翌日「耳鼻咽喉科」に行くことに決めた。

ネットでの情報によると、通院での投薬で完治した方もいたり、入院された方もいたり・・・
どちらにせよ治るまでに時間がかかる病気なんだということが解った。
また、80%の治りで「完治」と診断されるとの事。残りの20%は戻るのか?後遺症は??と不安になり、結局一睡もできず。。。



++ 通院1回目 3月26日(土) ++

昨夜の調査で耳鼻咽喉科だと判明したものの、総合病院にするのか町のお医者さんにするのか・・・
ただ、自宅から一番近い総合病院は紹介状がないと診てもらえない。
ほかの総合病院も土日だと耳鼻咽喉科はやってないトコも多い。
で、結局町のお医者さんに行くことに。

朝イチで受診。
先生に症状を伝え、指示通り目や口元を動かそうと試みるも上手くいかず・・・
「顔面神経麻痺ですね」と思った通りの診断がでました。
進行の程度を知るために~と聴力検査を行ったが、もともと右耳が難聴気味なため先生も判断できず(苦笑)

医師のお言葉(だいたいこんなカンジって事で。)
「この病気は突然なるんです。原因は疲労やストレス、ウィルスなど色々と言われていますが、原因が判明する例は少ない。また、治療としては薬の服用という手段もあるが、一刻も早く入院し点滴治療するほうが望ましい。あなたが大丈夫なら今すぐにでも入院を勧める。とにかく早く初期治療を行う事が肝要。そして、治るまでには少なくとも1か月くらいはかかるだろう」

入院・・・っていうか、家にジャネティエがいるし、マイケルもまだ帰ってこないし。
さすがに今すぐに~とは無理。それに土日だと受け入れてくれる病院を見つけるのも大変との事により、月曜まで待ってもらうことにしました。
取り急ぎ土~月までの薬を処方してもらい帰宅。

お昼すぎににはマイケルも帰ってきたので、状況を説明し相談。
結局ジャネティエをマイケル実家にお願いし、入院することを決意しました。

月曜から入院できるように荷物を準備。
ジャネティエの荷物も準備し、ティエリのオムツを大量に作成。
そんなこんなでバタバタと過ごせたおかげで病気から少し気持ちが離れることができて良かった。


++ 通院2回目 3月28日(月) ++

この日から入院するという覚悟をしていたため、マイケルも仕事を休んで病院に一緒に来てくれた。

診察の時、前回と同じように顔を動かそうとするも、良くも悪くも変わらず。。。
先生に入院するって伝えたら、さっそく一番近い総合病院に連絡を取ってくれた。
が、この日はベッドが満床かつ外来受診もパンク状態。
しょうがないので翌日に外来で受診する予約を取って帰宅することに。

マイケルとジャネティエを送りだし、一人になると心細さもこみ上げてくる。
早く寝よう!と布団に入るも、なかなか眠れない。
でも、しょうがない。眠れなくても目を閉じてるだけで少しはイイだろうと思い夜を耐えた。


++ 入院1日目 3月29日(火) ++

11:00に総合病院の外来を受診。
聴力検査をした後に医師の診察が始まる。
町のお医者さんと同じように再度病気について説明をしてくれた。
この診察の時の私の麻痺度が40点満点中8点。
完全麻痺に近い状況との事で、10日間の入院が決定!
入院後の治療は「点滴・局部麻酔注射・リハビリ」となる。

入院するための基礎的な検査(血液検査やレントゲンなど)を行ったあとに病室へ。
その時15:00。看護師さんから17:00から点滴を開始するから、荷物をもってそれまでに帰ってきてほしいと告げられる。
2時間しかない!!!と超焦って家に帰って荷物を持って病室へ。
さっそく点滴が始まり、入院生活に関する色々な説明を聞き、気付いたら夕食タイム。

何が何だか、ワケが解んないウチに時間は過ぎていき、21:00消灯。

もちろん寝つけれるハズもない。でも電気も消されてるし、何もできないから布団の中でじっと耐えるしかない。
やっとウトウトし始めたのは明け方かな?

これが10日も続くのか~。ちょっと先が思いやられる・・・と意気消沈の初日でした。
スポンサーサイト

テーマ : 犬。それもパグ犬。 - ジャンル : ペット

Comment

No title

 お久です~いつも日記読み逃げですみません(^_^;)

顔面麻痺なった人しってますがその人は風邪のウィルスが原因って聞いたけど入院するほどではなくて今は普通に戻ってるみたいです。

 麻痺してる症状気持ちよくわかります。。。。
なぜなら、あたしも2年前に腕の神経を痛めて親指と人差し指に力が入らなくなりモノが持てない・握れない・指を曲げたいト一生懸命するのにのに曲がらない症状が出てものすごくビックリして不安になりましたもん。
 病院行って原因がわかり安心しましたが神経の薬と治療で1年で50%、
2年たった今でやっと80%くらい戻りましたが、今でもモノによっては反対ではもてても痛めた方の手で持つと落してしまうことがあります。やはり完全に元には戻ってません。。。場所や原因は違うけど多分症状は似てると思います。
 多分、あたしもこれ以上は戻らないんだろうと思います。

 maecyさん不便で大変でしょうが気長に治療頑張ってくださいね!!

No title

>りーさん

書き込みありがとうございます。
っていうか、読み逃げ大歓迎です!
私も基本は読み逃げですから・・・(苦笑)

りーさんは指だったんですね。
今も不自由する時があるなんて。。。
それに比べたら私の不自由さなんて不自由のうちに入らない!と気合が入りました!!
100%戻らないかもしれない。でも、いろんな方々に聞いた話を総合するとワタシの麻痺なんて、本当に軽いものだと思うので、不自然な笑顔も「ご愛嬌」ということで、気長に病気と付き合っていきます♪

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。